ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

個人住民税について

記事ID:0000260 更新日:2014年9月1日更新

個人住民税とは

個人住民税は、個人の前年の所得に対してかかる税金です。村の税金である村民税と県の税金である県民税があり、村民税と併せて県民税も村で賦課・徴収されます。税額については、所得金額の多い少ないにかかわらず、一定の金額を負担していただく均等割と、前年の所得に応じた金額を負担していただく所得割があります。前年の所得金額で税額が決まるため、退職した次の年は収入がなくても住民税が課税されることがあるので注意が必要です。

均等割について

  • 村民税 3,500円
  • 県民税 1,500円
    合計   5,000円

均等割の金額には、東日本大震災からの復興に関し村または県が実施する防災のための施策の財源としての1000円(村民税500円、県民税500円)が含まれています(平成26年度から令和5年度まで)。

また、東秩父に住所のない方で、村内に事業所、家屋敷がある方は均等割が課税されます。
家屋敷課税について

所得割について

計算式:所得割額=(所得金額-所得控除額)×税率(※)-税額控除額

※個人住民税の税率は、所得の多い少ないにかかわらず、村民税は一律6%、県民税は一律4%です。

住民税が非課税となる人

所得割・均等割の両方がかからない人

以下のいずれかに該当する人

  • 生活保護法によって生活扶助を受けている人
  • 障害者、未成年者、寡婦または寡夫で前年中の合計所得金額が125万円以下の人

均等割のかからない人

前年中の合計所得金額が次による額以下の人

  • 扶養親族のない人…28万円
  • 扶養親族のある人…28万円×(控除対象配偶者+扶養親族数+1)+16万8千円

所得割のかからない人

前年中の総所得金額等が次による額以下の人

  • 扶養親族のない人…35万円
  • 扶養親族のある人…35万円×(控除対象配偶者+扶養親族数+1)+32万円 

 納付の方法

個人村民税の納税の方法は、「普通徴収」と「特別徴収」の2種類があります。基本的にはどちらか一方の方法で納税することになりますが、複数の所得がある方の場合に「普通徴収」と「特別徴収」の両方の方法で納税することがあります。

普通徴収

納税者本人が交付された納付書によって6月、8月、10月、翌年1月の4回に分けて納税する方法です。

※一括で納めることも可能です。また口座振替によって納付することも可能です。(口座振替についてはこちら

特別徴収

特別徴収には給与からの特別徴収と年金からの特別徴収があります。

  • 給与からの特別徴収…給与の支払者(会社等)が、村から通知された特別徴収税額を毎月の給与から天引きして納税する方法です。納付回数は12回となり、6月から翌年5月までです。
  • 年金からの特別徴収…年金保険者が村から通知された特別徴収税額を年金から天引きして納税する方法です。納税回数は6回となり、4月から翌年2月までです。