ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 生活環境 > 生活排水 > 東秩父村浄化槽設置管理事業以外で設置した浄化槽をご利用の皆さまへ

本文

東秩父村浄化槽設置管理事業以外で設置した浄化槽をご利用の皆さまへ

記事ID:0000272 更新日:2014年11月25日更新

浄化槽使用者には次の3つの義務がありますので、使用にあたっては、下記事項を遵守してください。

  • 浄化槽の法定検査
  • 浄化槽の保守点検
  • 浄化槽の清掃

浄化槽の法定検査

浄化槽の状態が正常でないと、公共用水域の汚染等を引き起こす例がしばしば見られます。そのため、浄化槽について知事の指定する検査機関の検査を受けることが義務付けられています。

7条検査とは

新たに設置された浄化槽については、浄化槽法第7条<外部リンク>の規定により、その使用開始後3ヶ月を経過した時点から、県知事が指定した検査機関(指定検査機関:一般社団法人埼玉県環境検査研究協会<外部リンク>)の行う水質に関する検査を受けなければならないことになっています。
これは、浄化槽が適正に設置され、初期の機能を発揮しうるかどうかは、実際に使用を開始した後でなければ確認できないため、有効かつ正常に働いているかどうか機能に着目した設置状況を検査し、欠陥があれば早期にそれを正すことを目的としたものです。

11条検査とは

すべての浄化槽について、浄化槽法第11条<外部リンク>の規定により、7条検査の受検後毎年1回、定期的に県知事の指定した検査機関(指定機関)の行う水質に関する検査を受けなければならないことになっています。
これは、浄化槽の保守点検及び清掃が適正に行われているか、また、浄化槽の機能が正常に維持されているかを検査し、不適事項があれば早期にそれを正すことを目的としたものです。

法定検査は、指定検査機関の検査員が現場で検査します。検査員は必ず身分証明書を持っています。検査の結果書は、後日送付されます。法定検査の結果書は3年間保存してください。

浄化槽の保守点検

保守点検は、浄化槽の各装置や機械類が正常に働いているかどうか、浄化槽全体の運転状況や放流水の状況はどうか、汚泥のたまり具合はどうか、配管やろ材が目詰まりしていないかどうかなどを調べ、浄化槽の正常な機能を維持し、異常や故障などは早期に発見し、予防的な措置を行います。
浄化槽は、微生物の働きによって汚水を処理する施設ですから、微生物が活躍しやすい状況を常に保つ必要があります。特に、微生物に酸素を供給するばっ気装置などは休みなく連続運転されていますから、きめ細かな点検が必要となります。また、放流水の消毒剤等の消耗品は、定期的に補給、交換が必要となります。

浄化槽の清掃

浄化槽に流入してきた汚水は、沈殿や浮上といった物理作用と微生物の働きによる生物作用によって処理されますが、この処理の過程で必ず汚泥やスカムが生じます。汚泥やスカムが過度に蓄積されると、浄化槽の機能に支障をきたし、十分な処理がされなかったり、悪臭を発生させる原因となったりします。このようなことにならないために、汚泥やスカムを槽外へ引き抜き、付属装置や機械類を洗ったり、掃除することが必要となります。
清掃は1年(全ばっ気方式はおおむね6ヶ月)に1回実施しましょう。