ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ごみの出し方

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月14日更新
種別指定日主なもの出し方の決まり
燃えるごみ月・木曜日台所ごみ、紙くず、木片、革製品

・指定の「もえるごみ収集袋」に入れる
・生ごみは水分をよく切る

有害ごみ西地区:第3火曜日電池、ライター、蛍光管・中身が見えるビニール袋に入れる
・ライターは使い切ってから出す
・蛍光管はガムテープ等でまかないで出す
東地区:第4火曜日
粗大ごみ自己搬入原則として一辺が30cmを超えるもの

・車に積んで役場で申請、持込証明書を持って小川地区衛生組合へ

  • 指定日の朝8時までに、決められているステーションに出しましょう。
  • 原則として30cmを超えるものはステーションには出せません。
  • 事業系ごみはステーションには出せません。(保健衛生課または小川地区衛生組合へ相談してください)
  • 分別をはかるため、出し方の決まりを守りましょう

   粗大ごみの持込場所について

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)