ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 新型コロナウイルス関連情報 > お知らせ > 村職員の新型コロナウイルス感染についての村長メッセージ

本文

村職員の新型コロナウイルス感染についての村長メッセージ

記事ID:0004797 更新日:2021年1月18日更新

村民の皆さまへ

 1月15日(金)に、村職員の新型コロナウイルス感染症の感染が確認されました。
 当該職員は、同居家族の感染が14日(木)に確認されたことから、その後に東松山保健所の指示によりPCR検査を受けたところ、感染が確認されたものです。

 当該職員の同居家族が体調不良となったため、当該職員は14日(木)から出勤を自粛しておりました。
 このため、発症状況、出勤状況等を踏まえ、東松山保健所が判断する濃厚接触者に該当する他の職員、来庁者はおりません。
 職場における今後の感染リスクは低いことから、執務場所について消毒を実施し、引き続き感染防止対策を徹底した上、役場業務は通常どおり継続いたします。

 新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染するリスクがあります。
 感染した職員やその周囲の方々へのご配慮をお願い申し上げるととともに、皆さまにはご心配とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。


 現在、国より「新型インフルエンザ等対策特別措置法」に基づく「緊急事態宣言」が発出され、埼玉県では、令和3年1月8日から2月7日までの間、国が定めた基本的対処方針に基づき「緊急事態措置等」が実施されています。

 本村におきましては、宣言が解除されるまでの間、村有施設の一部利用休止及びイベントの中止・延期等を決定させていただいております。

 村民の皆様には、これまでも不要不急の外出の自粛や感染拡大防止に向けた取組をお願いし、ご協力をいただいているところでございますが、国からの「緊急事態宣言」、県からの「緊急事態措置」を受けて、改めて、不要不急の外出、県境をまたぐ移動の自粛。特に午後8時以降の不要不急の夜間外出を控えていただくとともに、家庭内での感染が増えている現状を踏まえ、こまめな換気と加湿を行い、家でもマスクを着用するなど、より一層の基本的な感染防止対策の徹底をお願いいたします。

 今がまさに正念場です。
 この状況を乗り切るためには、一人一人が感染防止への強い意識を持ち、対策を徹底するしかありません。

 村としても、気を引き締め、村民の皆さまの大切な命と健康、暮らしを守るために、全力を尽くしてまいりますので、村民の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

令和3年1月18日
                 東秩父村長 足立理助