ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 新型コロナウイルス関連情報 > お知らせ > 新型コロナウイルスに関連した肺炎について

本文

新型コロナウイルスに関連した肺炎について

記事ID:0004042 更新日:2020年3月25日更新

コロナウイルスとは

人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものは、これまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまるとされています。

新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(埼玉県)

3月5日、埼玉県内において新型コロナウイルス感染症の感染事例が初めて確認されました。

(最新情報は下記のリンク(埼玉県ホームページ)からご確認ください)

村民の皆様へ

村民の皆様におかれましては、冷静な対応を心掛け、咳エチケットや手洗いなど、インフルエンザ等と同様の感染症対策をお願いいたします。

予防のポイント

マスクの着用や手洗いの徹底等、通常の感染症対策を行うことが重要です。

・流水と石鹸による手洗いを頻回に行いましょう。特に外出した後、口や鼻、目などに触る前には手洗いを徹底しましょう。

・咳やくしゃみをする場合には、口と鼻を手ではなく、ティッシュで押さえましょう。ティッシュがない場合は腕(肘の内側)で押さえましょう。その後、ティッシュは捨て、流水と石鹸で手を洗いましょう。最後に、消毒用アルコールを使用すると、より効果的です。

・咳やくしゃみが出ている場合には、マスクをしましょう。

・マスクは、鼻と口を確実に覆い、隙間ができたり、あごが大きく出ないようにつけましょう。