ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉・子育て > 子育て支援 > ひとり親家庭等医療費助成制度
ホーム > 分類でさがす > こんなときは > 子育て > ひとり親家庭支援 > ひとり親家庭等医療費助成制度

ひとり親家庭等医療費助成制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月1日更新

ひとり親家庭等医療費の助成  

 ひとり親家庭等医療費助成制度は、母子家庭、父子家庭、父または母が障害者である家庭などの人が医療保険制度で医療にかかった場合、支払った医療費の一部が支給される制度です。

支給を受けることができる人

 村内に住所を有し、母子家庭、父子家庭などの児童(18歳になった年度末まで)、および20歳未満で障害のある児童とそれぞれの母または父もしくはその養育者

下記のいずれかに該当する人は除く

 ・生活保護法の適用を受けている人

 ・施設に入所している人

 ・里親に委託されている人

 ・他の医療費支給事業により医療費の支給を受けることができる人

所得制限について

■所得限度額表

扶養親族等の数受給者(申請者)配偶者・扶養義務者・養育者
所得額所得額
0人1,920,000円2,360,000円
1人2,300,000円2,740,000円
2人2,680,000円3,120,000円
3人3,060,000円3,500,000円
4人3,440,000円3,880,000円

 

受給者登録申請に必要なもの

 ・健康保険証

 ・戸籍謄本(1通)

 ・世帯全員の住民票(1通)

 ・所得証明書(必要としない場合があります)

 ・金融機関口座番号(受給申請者本人名義のものに限る)

 ・印鑑

児童扶養手当を受給している人は

 ・健康保険証

 ・児童扶養手当証書

 ・金融機関口座番号(受給申請者本人名義のものに限る)

 ・印鑑