ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 村長の部屋

村長の部屋

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月1日更新

村長あいさつ

村長の写真 本村の国重要無形文化財に指定されている「細川紙」が「和紙:日本の手漉和紙技術」としてユネスコ無形文化遺産に登録されました。 本村の手漉き和紙技術は約1,300年前まで遡るものと言われています。この歴史ある和紙の里東秩父村は、緑の山並みと清流に囲まれた地であり、四季を問わず多くの人々が自然豊かな本村を訪れていただいています。私は、この自然豊かな地こそ村の原風景であり、懐かしきふるさとの姿そのものとして、村民の皆さまの村に対する愛着や誇りの拠り所となっていると思っています。
 私は、村民の皆さまとともに作り上げていく村政の新たなる「みち」を楽しみにしております。そのためには、手を取り合って東秩父村を守り抜いてくださった先人の方々や、村の活力となる若者たちのお力をおかりして、「ふるさと東秩父村」を誇りに思い、愛することの大切さを後世に伝えていくことが、今まさに必要なことと感じています。
 今後、村民の皆さまとともに、「心豊かな和紙の里」にするべく、取り組んでまいります。

東秩父村長足立理助

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)